視能訓練士 面接準備 視能訓練士の履歴書・職務経歴書の書き方について

【完全版】視能訓練士の履歴書の書き方マニュアル。無料フォーマット付き!

2022年2月1日

redume-top

履歴書は就職・転職活動の選考時に必ず必要となる書類です。

日頃の業務で取り扱う書類とは違い、履歴書は就職転職活動時にしか作成しないため、どんな点に気を付けて作成すればいいか不安という方もいらっしゃることでしょう。

そんな視能訓練士の方々に向けて、この記事では履歴書の正しい書き方や記述のルールや作成時の注意点について解説します。

就職・転職活動時の面倒な事務手続きを少しでも早く済ませたい方は、ぜひご一読ください!

↓ 視能訓練士の職務経歴書の書き方について知りたい方は、以下をチェック! ↓

▶▶【完全版】視能訓練士の職務経歴書の書き方マニュアル。無料フォーマット付き!

こちらもCHECK

視能訓練士 東京 求人
【2023年3月最新】視能訓練士のおすすめ求人9選 | 東京都

国内初の視能訓練士専門 転職エージェントである『眼科求人.work』が、2023年3月時点で募集中の東京都内のおすすめ求人をご紹介します。 数多く取り扱っている東京都内のORT求人のなかから、今回は9 ...

続きを見る

こちらもCHECK

視能訓練士 神奈川
【2023年3月最新】視能訓練士のおすすめ求人9選 | 神奈川県

神奈川県には多くの病院があり、視能訓練士が活躍できる職場が多数あります。神奈川県といっても横浜市や川崎市など勤務地は幅広いですし、給与や福利厚生などもそれぞれの職場で異なるものです。 そこで、『眼科求 ...

続きを見る

こちらもCHECK

【2023年3月最新】視能訓練士のおすすめ求人10選 | 埼玉県

埼玉県で視能訓練士として働きたいけど、どの施設が自分にあっているのか分からない......。 そんな埼玉県で転職活動に悩む視能訓練士(ORT)に向けて、視能訓練士のおすすめ求人10選をご紹介します。 ...

続きを見る

こちらもCHECK

【2023年3月最新】視能訓練士のおすすめ求人5選 | 千葉県

国内初の視能訓練士専門 転職エージェントの『眼科求人.work』では、一都三県のエリア別に多くの求人を取り扱っています。記事では、そのなかから千葉県のおすすめ求人をご紹介。 2023年3月時点で募集し ...

続きを見る

視能訓練士向け「履歴書」の無料フォーマットのダウンロード

・Word A3サイズをダウンロードする

・Word A4サイズをダウンロードする

そもそも履歴書とは?

履歴書とは、就職・転職時に採用先の企業に提出する書類のことであり、氏名や住所といった個人情報から学歴や資格の有無・自己PRなどを記述する欄が設けられています。

新卒入社時の就活では、企業側が用意したエントリーシート(独自の書類)とあわせて履歴書を提出する。一方、中途入社時の転職活動では、過去の職務経験を詳しく記載する職務経歴書とあわせて履歴書の提出が求められるケースが多いです。

なお、日本ではまだ履歴書に応募者の顔写真を貼り付ける必要がありますが、国外ではアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)を排除するために、顔写真の添付や年齢・性別・人種の記載が法律で禁止されている場合もあります。

履歴書の基本的な書き方とルール

では、視能訓練士の履歴書の書き方とルールを解説していきたいと思います。

「視能訓練士の」と書かせていただきましたが、記入する項目自体は一般的な履歴書と変わりません。

以下の履歴書の画像に番号を割り振りましたので、記入箇所を上から順にご説明していきます。

redume-01

1. 日付の書き方

日付は履歴書の提出日を記入します。

郵送の場合は「投函する日付」、面接に直接持参する場合は「面接日当日の日付」を書くようにしましょう。

古い日付が書かれていると「使い回している」と思われる可能性があるので、正確な日付を記入するようにしてください。

西暦と和暦についてはどちらを使っても構いませんが、文書全体でどちらかに統一することが大切です。

2. 氏名の書き方

氏名は、採用担当者が履歴書のなかで一番初めに確認する項目です。

戸籍に登録されている文字(字体)で「大きく、丁寧に」書くようにしてください。日頃は略字を用いている氏名の場合でも、履歴書では正式な氏名を記述します(旧字の場合など)。

パソコンで氏名を入力する場合は、余白に合わせてフォントを大きく設定すると見た目のバランスが良くなります。

また、氏名の下の生年月日も日付と同じく西暦か和暦のどちらかで統一をしてください。生まれ年を1歳とカウントする数え方ではなく、送付時の年齢を正しく記載しましょう。

 

3. 住所・連絡先の書き方

住所は省略せずに都道府県から正しく記述していきます。住所の上に設けられている「ふりがな」の欄には、市区町村までのふりがなを記述し、建物名も受け取り手が読みづらいと判断される場合は最後までふりがなを書くようにしましょう。

履歴書の住所宛に病院側が選考の案内を送る場合もありますので、住所に間違いがないか、誤字脱字がないか確認を怠らないようにしてください。

電話番号は携帯電話が普及した現代では、固定電話の番号ではなく携帯電話の番号を記述するほうがよいでしょう。こちらも住所同様に、病院側が使用する可能性がありますので、普段から繋がりやすい電話番号を書いてください。

E-mailは個人的に使用しているメールアドレスを記述してください。現在、在籍中の会社のメールアドレスを誤って記入しないように気を付けてください。

4. 学歴・職歴の書き方

学歴は、まず1行目の中央に「学歴」と書き、ここからは学歴を記載することが受け手に分かるようにします。

その後、学歴を記述していくのですが、一般的には義務教育ではない高校入学から書いていきます。

必ず、入学がいつであり、卒業がいつであるかを「●年●月 ●●高等学校  入学」「「●年●月 ●●高等学校  卒業」という風に記載しています(大学以降も同じ)。

大学の場合は、学部・学科まで正確に書きましょう。「●年」の表記は西暦の場合は西暦で統一し、和暦の場合は和暦で統一させます。

続いて職歴は、学歴の列から1列をあけて、まず中央に「職歴」と書き、ここからは職歴を記載することを受け手に伝えます。

職歴も時系列が古い順に、「●年●月 ●●株式会社 入社」と会社名を正式名称で記述します。次に役職や配属部署を同列に記述出来そうな場合は同じ列に、長くなりそうな場合は次の列に「同社 ●●チームに配属」などと書きましょう。

正社員以外の契約社員やアルバイトとして雇われた場合は、「入社」の後に「(契約社員として)」「(アルバイトとして)」と記載しましょう。

また、産休・育休やその他の理由で職歴にブランクがある場合は、特に詳細は書く必要はなく、あくまで入社と退社の職歴のみの記述でOKです。

退職について書く場合は、「●年●月 一身上の都合により退職」と書き、詳しく退職理由を伝える必要はありません。

redume-02

5. 免許・資格の書き方

免許や資格も正式名称で記述するのがルールです。正式名称は誤りやすいので、ネットで正しい名称を調べてから記述するようにしましょう。

書く順番は取得の時系列が古い順に書いていきます。取得年の表記は、日付や学歴・職歴の部分で使用している表記と統一し、西暦と和暦が混在して使われていることのないようにします。

また、免許や資格の正式名称の後には、1字分のスペースを空けて「取得」と忘れずに書くようにしましょう。免許や保有資格がひとつもない人は、「特になし」と書くことを忘れずに。

全て書き終わったら、最後の列に右に詰めたかたちで「以上」を記述します。

6. 志望動機の書き方

「なぜその病院・クリニックを志望するのか」という内容が志望動機となりますが、単純な理由だけを書くのではなく「自分のこれまでの経験やスキル」を踏まえたうえで文章を考えることが大切です。

とくに、「病院がアピールしている点」と「自分の転職理由」がしっかり結び付けられているかどうかを意識しましょう。この部分が繋がることで、より説得力のある志望動機となります。

形式的でどこか聞いたことのある借りてきた言葉を使うのではなく、あなた自身の内側から本当に発せられた生の言葉を伝えるように意識しましょう。

病院がアピールしている点を正しく理解するためには、事前に施設見学を行うなど、できるだけ多くの情報を集めるための行動が必要です。

こちらもCHECK

視能訓練士の転職志望動機!記入例をご紹介

転職時に履歴書を書こうとしている視能訓練士のあなたへ。記事では視能訓練士の志望動機をまとめてみましたので、参考にしてみてください! 会員登録する(無料) こちらもCHECK こちらもCHECK こちら ...

続きを見る

7. 自己PRの書き方

自己PRは「自分の強み」と「その強みをどう活かしていくのか」の2点を伝える部分です。

自己PRを書くうえで気を付けなければならない点は、履歴書を提出する病院・クリニックから見て求めている自己PRになっているかという点です。どれだけ自信のある強みを書いても、相手が求めていない内容では目に留まりません。

効果的な自己PRを書くためには、志望動機と同じように提出先の病院・クリニックの求人情報やその他の施設情報をよく集めておくことが大切です。

そして、「自分の過去の仕事内容」や「具体的な実績や成果」「気づいた自分の強みや成長ポイント」「その強みをどう応募先施設で活かせるのか」を洗い出し、自己PRとしてまとめていきましょう。

8. 趣味・特技等の書き方

趣味や特技の内容が、直接的に採用の合否に影響することはありません。

しかし、面接でよりあなたの人柄を知るために趣味・特技等の欄に記述した内容の話題が振られる可能性はありますので、採用担当者の心象を悪くしてしまわないように意識して書くようにしてください。

記述する際は趣味・特技の内容だけでなく、カッコ書き()で具体的なエピソードを簡潔に書いてみても、採用担当者の目に留まりやすいかもしれませんね。

 

履歴書を作成する際の注意点とは?

転職活動では、採用担当者への第一印象がとても大切です。面接前または面接時に受け取る履歴書でマイナスな印象を与えてしまうと、それだけで不採用に繋がってしまうかもしれません。

以下に、履歴書を作成する際の注意点をまとめてみました。

誤字脱字がある

履歴書の中の誤字脱字は、「この人は仕事でもミスが多いのではないか?」「国語力やコミュニケーションスキルに不安があるのではないか?」という悪印象を採用担当者に与えてしまいます。

履歴書を提出する前には、可能であれば1日以上置いて最終確認を行うようにしてください。また、小さな声でも良いので声に出して音読することで、文章内の直す必要がある箇所に気づきやすくなります。

手書きのミスを修正ペンで消している

パソコンで履歴書を作成する場合は別ですが、手書きで作成した際に記述のミスを修正ペンで消して上書きするのは控えるようにしましょう。

修正ペンを使うのは印象が悪いので、ミスをした場合は新しい履歴書で書き直します。ミスが怖い場合は、鉛筆で下書きをしてからペンで清書するのがおすすめです。

「本人希望記入欄」に本音の条件を書きすぎている

「本人希望記入欄」には、あくまで採用担当者の心象が悪くならない程度の希望を記述するようにしましょう。基本的には、控えめな希望内容を記述するのが無難です。

例えば、露骨に「年収は●●万円を希望します」や「残業は月●●時間までしかしたくありません」などの採用側が顔をしかめるような内容は当然ですが書かないようにしてください。

もし、上記のような条件を応募施設に求める場合は、面接の場で直接口頭で相談するようにしましょう。相談する場合は、自分の印象が悪くならないように柔らかい口調で、かつ明確に理由を添えて伝えます。

好印象な履歴書を作成して、採用を掴み取ろう!

視能訓練士にとって新しい眼科施設への転職は、キャリアアップの機会だけでなく、年収を増やすチャンスでもあります。

日頃、あまり書く機会のない履歴書だからこそ、何も見ずにいきなり書き始めるのではなく、まずは書き方のルールやポイントを把握してから書き始めることをおすすめします。

「とはいっても自分ひとりで履歴書を作成するのはちょっと不安......」と困惑ぎみのあなたにご提案したいのが『眼科求人.work』のご利用です。

弊社が運営する眼科専門の転職エージェント『眼科求人.work』では、無料でおすすめ求人をご紹介するだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削も”無料で”うけたまわっております。

眼科転職に精通したプロの専任エージェントに一度添削してもらいたいという方は、ぜひ以下よりお気軽に会員登録を行われてみてくださいね!

 

-視能訓練士 面接準備, 視能訓練士の履歴書・職務経歴書の書き方について

© 2023 眼科求人.work