1. TOP > 
  2. コラム一覧 > 
  3. 視能訓練士向け転職情報 > 
  4. スキルアップ・ライフイベントの面から考える、視能訓練士のキャリアとは?

視能訓練士向け転職情報

スキルアップ・ライフイベントの面から考える、視能訓練士のキャリアとは?

illustration-mother-baby
視能訓練士としてお仕事がスタートし、そこからどんなキャリアを築いていけるのでしょうか?

特に、女性は「結婚」「出産」「子育て」等のライフイベントも深く関係する人が多いですね。

キャリアについて、スキルアップ・ライフイベントの面からまとめてみました。

スキルアップについて

新卒から数年すると、一通りの業務はこなせるようになるでしょう。

その先、自分のスキルアップをどう目指していくか考えるのではないでしょうか?
  • 検査のスキルを上げる
  • 患者さん応対のスキルを上げる
  • 専用外来での検査スキルを上げる(小児の斜視弱視検査および訓練、術前術後検査など)
スキルを上げるためには、先生や先輩の指導を受けたり、勉強会やセミナーに参加したりするなどの方法があります。

中には、今の職場では積めない実務経験を求めてスキルアップのために転職する人もいます。

しっかりした目標を持ち、そのためには何が必要でどう動けばいいか、自分で考えていきましょう!

○ 転職

ずっと同じ職場で働く人ももちろん多いですが、今の職場にはない検査実務や勤務条件を求めて転職する人も多くなってきています。

スキルアップを求めて転職活動をする人は前向きな人が多く、面接でも好感を持たれます。

自分が積んできた経験をアピールし、スキルアップしたい内容を具体的に示して、希望する職場へ入職を目指しましょう!

ライフイベントについて

○ 結婚

視能訓練士は、結婚後もお勤めを続ける人が多いですが、結婚による引っ越しや家事との両立のために退職する人もいます。

ただ、視能訓練士は国家資格のため、引っ越し先での転職や、ブランクの後に再就職することも歓迎される職種です。

結婚を機に、自分の働き方を見直すのも一案ですね。

○ 出産

産休・育休の制度を利用して復職する人もいますが、小規模のクリニックなどでは、

産休育休中の人員を揃えたり制度を整えることが難しいため、退職する人もまだまだ多いのが現状です。

しかし、結婚の欄でも紹介したように、視能訓練士の資格と経験はブランクがあっても歓迎してくれるところが多いので、

出産して数年後の復職やパート勤務からはじめて育児と両立しているママさんもたくさんいますよ♪

○ 復職

出産後の復職は、大体の人が子供を保育園に預けて働きます。

そのため保育園の送り迎えができる時間帯(夕方17時頃まで)の勤務を希望する人が多いです。

クリニックにもよりますが、短時間勤務やパート勤務で復職する人が多いですね。

子供が大きくなって手が掛からなくなったのを機に、パートからフルタイムに変更したり、正社員登用でバリバリ働き始める人もいます。

まとめ

視能訓練士は、スキルアップやライフイベントによって、様々な働き方ができると言えます。

職場も、総合病院の眼科から眼科専門病院、オペも手掛けるクリニック、地域に根差した町医者のクリニックなどいろいろな形態がありますので、自分の希望や働き方に合った職場を選んで、生き生きと視能訓練士として歩んでいきたいですね!

★この記事を読んだあなたにおすすめの記事★

⇒ 視能訓練士は子育てしながら正社員で働くことは可能か?

お気軽にお電話もしくはメールでご連絡ください。
眼科を専門としたプロのコーディネーターが無料サポートいたします。