1. TOP > 
  2. コラム一覧 > 
  3. 視能訓練士向け転職情報 > 
  4. 全国の視能訓練士の人数

視能訓練士向け転職情報

全国の視能訓練士の人数

【視能訓練士の人数】

「公益社団法人 日本視能訓練士協会」によると、視能訓練士の国家試験合格者数は16,199名(2019年3月31日現在)です。毎年800人前後の合格者が出ています。

【視能訓練士の男女比】

「視能訓練士実態調査報告書-2015年-」によると、調査回答者2,264名のうち、女性は1,966名(86.8%)、男性は298名(13.2%)でした。

女性が多くを占めていますが、10年前と比べて男性が10ポイントほど増加しており、今後も男性の割合が少しずつ増えていきそうです。

【視能訓練士の就業施設】

私立系医療機関のうち、約37%が眼科クリニックとなっています。

その他は、リハビリセンターや保健所、研究機関などがあります。

【視能訓練士の勤務形態】※男女合わせた場合

「視能訓練士実態調査報告書-2015年-」によると、2015年の視能訓練士の勤務形態は下記のようになっています。
  • 正規職員・・・約75%
  • 非常勤職員・・・約16%
  • 契約職員・・・約3.5%
この数値は2000年以降、大きく推移していません。

国家資格である視能訓練士は、正規職員としての勤務が多い安定した職業ということがわかります。

【視能訓練士の勤務形態】※男女別の場合

視能訓練士の勤務形態を男女別で調査すると、下記の通りとなります。
  • 男性・・・正規職員 約90%、非常勤職員 約3.7%
  • 女性・・・正規職員 約73%、非常勤職員 約18%
女性は、結婚・出産などライフスタイルの変化に応じ、非常勤で勤務することが男性と比べて多いためと考えられます。

★この記事を読んだあなたにおすすめの記事★

⇒ 視能訓練士の正社員とパートの違いを解説!責任や社保はどうなる?はコチラから!

お気軽にお電話もしくはメールでご連絡ください。
眼科を専門としたプロのコーディネーターが無料サポートいたします。