1. TOP > 
  2. コラム一覧 > 
  3. 視能訓練士向け転職情報 > 
  4. 視能訓練士が活躍できる転職先とは?

視能訓練士向け転職情報

視能訓練士が活躍できる転職先とは?

国家試験に合格しないと、視能訓練士の仕事を行うことができません。

そのため、養成校や大学などで必要な技能や知識を修得した上で国家試験を受け、合格する必要があります。

そんな視能訓練士が活躍できる職場にはどのようなものがあるのでしょうか?

視能訓練士の仕事

視能訓練士は医師の指示のもと、視能訓練や視能検査を行います。

視能訓練とは眼位や視線がずれている斜視のため、ものが二重に見えたり、立体的にものを見ることができないなどの患者さんや弱視の患者さんに対し、目の機能の改善のために行う訓練のことを言います。

また、視能検査とは視野や視力、色覚、眼圧、光覚など眼の機能に関わる検査のことで、この検査を行い医師に報告し、医師は的確な診断をくだし、治療を行うことができます。

つまり、視能訓練士の仕事は眼科治療を行う上で、なくてはならない存在だということです。

最近では高齢化社会が進んでいることから緑内障や白内障の患者さんや、糖尿病による視力低下の患者さんが増えていることから、視力回復訓練や症状の進行の抑制のための指導、視力維持のサポートを行ったりと視能訓練士の需要が高まっています。

視能訓練士の活躍の場

視能訓練士の仕事は検査の実施、視能矯正、リハビリなどがあります。

さらに、学校や企業などで行われる集団検診のサポート業務などもあります。

この中でもっとも多いのが眼科での検査業務ですが、職場によってどの程度の比重かは違ってきます。

総合病院や個人の医院

視能訓練士の活躍の場としてもっとも多いのが総合病院の眼科や個人の眼科医院です。

実はわが国で視能訓練士の数は眼科医の5分の1しかいません。

そのため、慢性的な人材不足が続いており、その上レーシック手術を行う眼科が増えていることから、今後ますます人材不足が加速すると考えます。

視力回復センター

また、最近視能訓練士の活躍の場として増えているのが視力回復センターです。

ここでは小さなお子さんや学生さんたちと関わる機会が多いので、コミュニケーション能力が必要となります。

高齢者者施設

また、高齢者施設で働く視能訓練士も多いです。

高齢者の方は特に視力になんらかの障を抱えていることが多いので、需要は増える傾向にあります。

ここでも高齢者とのコミュニケーション能力が必要となります。

その他

さらに、まだ数はそう多くはないものの、医療関連企業や視能訓練士を育てるための養成学校などで活躍する視能訓練士もいます。

視能訓練士としての長年のスキルや知識を活かし、こういった職場を選ぶのも手ですね。

まとめ

視能訓練士の仕事は高齢化が進むわが国で需要が高まるいっぽうです。

現状では視能訓練士の数は慢性的に不足していることから、転職先に困ることは考えにくいです。

視能訓練士の方で「転職を考えているけれど、転職先が見つかるだろうか…?」とご心配な方も、視能訓練士の人材が不足していることから考えると、就職先に困ることはなさそうです。

転職をお考えの場合は眼科を専門とした転職サイトを利用していただき、自分の希望に合った転職先を見つけてくださいね!

お気軽にお電話もしくはメールでご連絡ください。
眼科を専門としたプロのコーディネーターが無料サポートいたします。