1. TOP > 
  2. コラム一覧 > 
  3. 視能訓練士向け転職情報 > 
  4. 通信教育で視能訓練士になれるの?

視能訓練士向け転職情報

通信教育で視能訓練士になれるの?

ユーキャンなどの通信教育で、将来に役立つ資格をとって、少しでも優位に立って求職活動をしたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。

主婦や転職を考えている社会人にとって、視能訓練士は、魅力ある資格です。

近年、スマホやゲーム、パソコンを利用する時間が増え、オフィスで長時間仕事をする人はもとより、子供や高齢者にも、視力に大きな問題をかかえる人が増えてきています。

視能訓練士の仕事は、視力に問題を持つ人の視力回復訓練や、視力障害者への支援など、今後ますます需要の増える職業分野です。

そこで、視能訓練士になるには、どうすれば良いのか、気になるところです。

ユーキャンのような通信教育だけで、学校に通わなくても、視能訓練士になれるでしょうか。

また、最短で視能訓練士になるには、どうすれば良いでしょうか。

ユーキャンで視能訓練士の資格を取得できるのか?

視能訓練士になるには、臨床実習が必要なため、ユーキャンのような通信教育では資格を取得できません。

受験資格には「指定されている視能訓練士養成機関での課程を修了している必要がある」という条件があるため、専門の学校に通う必要があります。

視能訓練士の資格取得要件

視能訓練士の資格取得要件は、高卒者と大卒者にわかれます。

高等学校を卒業している人は、指定の視能訓練士養成施設で3年間以上学ぶ必要があります。

視能訓練士養成施設には4年制大学や3年制の専門学校があります。

短大、大学、医療系保育系専門学校を卒業している人は、指定の視能訓練士養成施設で1年間以上学ぶ必要があります。

視能訓練士養成施設とは、文科省や厚労省の指定を受けた専門学校です。

一年制や夜間の学校がある!

大学を卒業して社会人になった人が、最短で視能訓練士になるには、1年制の視能訓練士養成学校に通う方法があります。

1年制の養成学校には、土日祝日のみのコースや、夜間のみのコースなど、様々なコースがあります。

ただし、平日に、臨床実習の授業を受けなければなりません。

仕事を休むことになりますので、計画的に通学することが必要です。

一年制の学校概要

一年制の養成学校で、受験資格を得るには、看護師・保育士養成所、短大で、指定科目を履修していることが要件です。

外国語、生物学、保健体育、心理学、物理学、数学等などの指定科目を2年以上学ぶことが必要です。

必須の履修科目を既に習得しているとして、視能訓練士に必要な専門課程を1年間で学ぶことで、国家試験を受ける資格を得ることができるのです。

一年制学校一覧

それでは、一年生の視能訓練士学科のある学校について見てみましょう。

医療専門学校は、多様な学科があり、校風もそれぞれ異なるため、自分にあった学校選びが大切です。

・日本医歯薬専門学校(昼間・土日祝)(夜間・月~土)

東京都杉並区高円寺にある立地条件も良い医療専門学校で、歯科衛生士、視能訓練士学科があります。

夜間部があり、幅広い年齢層が各地から集まってきて、夜間でも充実した授業や実習が受けられるのが特徴です。

・静岡福祉医療専門学校(昼間)

静岡市駿河区にある医療専門学校で、視能訓練士学科の他に、総合福祉か、介護福祉科、子供心理学科があります。

歴史のある学校で、スポーツ大会などもあり、学生の指導育成にも力を入れている学校です。

・洛和会京都厚生学校(昼間)

京都府 京都市山科区にある医療専門学校です。

視能訓練士学科の他に、看護学科、助産学科もあり、先生や病院スタッフの方々から、医療者になるための知識や考え方をトータルに学べます。

・大阪医療福祉専門学校(昼間)

大阪市淀川区にある医療専門学校で、視能訓練士学科の他に、診療情報管理士学科、作業療法士学科のがあります。

他の専門学校に比べて、授業の課題や実習内容は厳しいですが、就職先で困らないよう、丁寧な指導が受けられます。
参照:みんなの専門学校情報

まとめ

近年、長時間のスマホやゲーム、パソコン使用で、目に問題を抱えている人が多くなり、視能訓練士が活躍する場も広がりつつあります。

視能訓練士になるには、国家試験に合格することが必要で、受験には専門学校での教科の習得が要件となっています。

また、臨床実習などの専門的技術を習得しなければならず、通信教育だけでは国家試験の受験資格を得ることができません。

文科省や厚労省の指定した医療専門学校で学ぶ必要があり、短大、大学、保育系専門学校の卒業者は、1年間の専門課程の学習で受験資格を得ることができます。

医療専門学校には、夜間や土日コースもあるため、現在では、より多くの人に視能訓練士になる機会が開かれています。

お気軽にお電話もしくはメールでご連絡ください。
眼科を専門としたプロのコーディネーターが無料サポートいたします。