1. TOP > 
  2. コラム一覧 > 
  3. 視能訓練士の面接について > 
  4. 視能訓練士 面接時の服装・髪型について

視能訓練士の面接について

視能訓練士 面接時の服装・髪型について

初対面では、面接で話す内容よりも、見た目での第1印象が採用の結果を大きく左右することもあります。

基本的な服装のマナーを確認しておきましょう。

服装はスーツが基本

面接での服装は、基本的にスーツを着用しましょう。

スーツ着用は、社会人としてのマナーです。色は、グレーやネイビーといった落ち着いた色の着用をお勧めします。

転職時に黒色を着ていると、新卒のような雰囲気が出るため、あまりオススメはできません。
ください

靴はヒールの低いもの

靴は黒色のヒールが低いもの(5~7センチ)をオススメします。

ヒールが高いもの、スニーカーやブーツはカジュアルな印象を病院に与えてしまいますので、なるべく避けましょう。

髪型・メイクは清潔感を意識しましょう

医療従事者として、身だしなみは清潔感がある方が好まれます。

髪型が長い方は、一つに束ね、短い方は、前髪やサイドがかからないようにピンでとめます。

どちらも面接時に髪の毛を触ることないように、清潔感には気を付けましょう。

髪色やメイクは、派手になりすぎないように、ナチュラルな仕上がりを意識します。

もし、現在明るい髪色の場合は、前日までに暗くしておくことで、面接当日の印象が大きく変わります。

髪色やメイクも、髪型同様に清潔感を意識することが大事です。

コートやダウンジャケット(冬の面接時)

コートやダウンジャケットは、病院外で脱ぎ、院内に入ります。

コートはたたみ、腕にかけるようにして持ちます。

服装参考例

お気軽にお電話もしくはメールでご連絡ください。
眼科を専門としたプロのコーディネーターが無料サポートいたします。