視能訓練士 転職情報 視能訓練士 面接準備

視能訓練士の転職に自己分析が必要な理由と方法とは

2021年1月10日

myself

この記事では、転職の際大切な「自己分析」について紹介します。専門職である視能訓練士でも自己分析は必須。

これをするのとしないのとでは、転職活動で大きな差が出てくるでしょう。自分自身を振り返る機会としても大切なものなので、一度取り組んでみてください。

会員登録する(無料)

視能訓練士の転職で自己分析が必要な理由は?

まずは、転職で自己分析が必要な理由を3点紹介します。

1.転職の軸(条件や実現したいこと)を知るため

まずは、転職の軸です。これがないと、なんとなく転職活動に臨むことになってしまいます。転職活動は仕事の合間でする場合がほとんど。

そのため、なんとなく行なっていては時間の無駄になってしまう可能性もあるでしょう。いざ内定をもらい入職した後に「思っていたのと違う」と後悔することも。

転職先ではどんなことを実現したいのか、また希望の条件の整理のために自己分析は欠かせないのです。

2.職務経歴書や退職理由の整理のため

自己分析を行うのは、書類作成のためであるともいえます。転職活動では提出する書類がいくつかあります。特に職務経歴書は頭を悩ますものの1つ。これを書くには、今まで仕事でどんなことをしてきたのかを整理していくことが重要です。

どんな業務でどんな成果を挙げてきたのかがわかると、職務経歴書の質がぐっと良くなります。職務経歴書を書く際にキャリアを振り返るのも自己分析の一環です。また、退職理由について面接で聞かれることが多くあります。

それに答えるためにも自己分析は必須。これができていると、退職理由に自信が持て、採用担当者からの印象も良くなるでしょう。

視能訓練士向け職務経歴書の書き方の基本を解説

記事では、職務経歴書の基本的な書き方について説明していきます。職務経歴書のポイントを正しく理解し、自分が今までどんな仕事を経験し、そこでどんなスキルを得てきたのかを採用担当者へアピールしていきましょう ...

続きを見る

3.自分のアピールポイントを知るため

面接活動の中では、自分をいかにアピールできるかが大切。そのときにも自己分析したことが役に立ちます。自己分析では自分の強みや弱みについて知ることが可能。あらかじめ自分と向き合うことで、面接でアピールするポイントが明確になるでしょう。

以上のように、転職活動のあらゆる場面で自己分析は役立ちます。

自己分析の方法

自己分析の必要性がわかったところで、具体的な自己分析の方法について紹介します。自己分析にはさまざまな方法があります。

そのため、このサイトを含めていくつか方法を調べてみるのがおすすめ。その上で自分に合う自己分析の方法を活用するとよいでしょう。

1.そもそも転職の必要があるのかを考える

まずは、転職の必要性をもう一度考えましょう。

例えば、職場の労働条件がよくないために転職したい場合。この場合には、「どんな労働条件がどのように変わるとよいか」を具体的に考えていきます。そうすると、「病院に正社員の視能訓練士が少ないため、もっと正社員の多い職場へと転職したい。大きな病院に転職する必要がありそうだ。」ということに気がつくでしょう。

ここまで考えた後に、転職のデメリットを考えるのも大切。例の場合では、「もしも大きな病院に転職したら、人間関係が今までよりは複雑になる。」「もっと高度なことを求めている患者さんがいるためにスキルを高める必要がある。」などと考えることができます。

転職先で実現したいこととデメリットを比較して、本当に転職が必要か検討しましょう。

2.経歴やスキルを洗い出してみる

転職の必要があると感じたら、経歴やスキルの洗い出しをしてみましょう。今まで視能訓練士としてどんな患者に対応してきたのか、またどんなスキルが身についたのかを紙に書き出します。

書き出す段階では、どんなに小さなことでも書き出すことがおすすめ。書き出し終わったら、時系列に整理していきましょう。そうすると、職務経歴書の土台にすることができて一石二鳥です。

3.仕事上の自分の性格について掘り下げる

経歴やスキルを洗い出せたら、その時系列に沿って自分の長所や短所を振り返りましょう。具体的な場面を思い浮かべながら考えると、自分の性格をより掘り下げることができます。

ここでのポイントは、長所も短所も考えてみること。具体的な場面とセットにするということ。

面接などでは、自分の長所や短所を聞かれることがあります。その際に、具体的な業務場面についても説明できると、より説得力が増すでしょう。今回紹介した自己分析は、シンプルなものとなっています。可能であれば転職活動を本格的にはじめる前に取り組んでみるのがおすすめです。

転職は"自分という商品"を再確認する良い機会

記事では、視能訓練士が転職の際に行う自己分析について紹介しました。自己分析は、さまざまな書籍やウェブサイトから情報を手に入れられます。

視能訓練士専門の自己分析でなくても役に立つことが多いので、このサイトのほかにもいくつか比較をしてみるのがおすすめです。自己分析は完璧でなくてもかまいません。実際に転職活動をすすめる中で自己分析が深まることもあるからです。

また、『眼科求人.work』でも転職活動のサポートをしています。そのなかで得た気づきも自己分析に加えていくと、より転職活動を有利にすすめることができるでしょう。

会員登録する(無料)

-視能訓練士 転職情報, 視能訓練士 面接準備

© 2021 眼科求人.work