視能訓練士 面接準備

視能訓練士の転職面接。自己紹介はどうすればいいの?

2021年1月10日

interviewer

ここでは、視能訓練士で転職したい方のために、面接の際の上手な自己紹介について解説していきます。これから視能訓練士に転職したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

会員登録する(無料)

あなたを雇うことでどんなメリットがあるか正確にアピール

視能訓練士で転職を考えている方は多いと思いますが、その場合はいかにあなた自身を面接の場でうまくアピールし、良い自己紹介できるかがとても重要になります。

あなたを視能訓練士として雇うことで、転職先にどのようなメリットをもたらすのか、それをしっかりとアピールできるかという点が肝心です。アピールポイントとしては、

・これまでにあなたが培ってきた会社での経験
・資格
・患者さんとの円滑なコミュニケーションを取れるコミュニケーション力

などがあげられるでしょう。

当然、転職する場合は働いてきた経験が多いほうが有利なので、あなたが視能訓練士でたくさんの方と接してきた経験があれば、それは非常にプラスに働きます。もし、眼科での勤務経験がある場合でも、すごく大きなアピールポイントとなるでしょう。

受付や視力測定などの業務しかしていなかったとしても、眼科で働いた経験があるので、眼科のことなら何でもわかるという方も多いはずです。さらに、高いコミュニケーション能力を持っている方であれば、それを視能訓練士の面接の場で大いにアピールしましょう。

誰にも負けないことをしっかりと伝える

視能訓練士で転職をし、これからバリバリ活躍したいという方であれば、まずは面接が第一関門になります。

面接であなた自身の魅力や強みをアピールすることで、採用される可能性が高くなるのです。視能訓練士としてやっていく上で、これだけは誰にも負けないという点を、面接官にしっかりと伝えてください。

例えば、あなたが笑顔に自信があるという方なら、「以前の職場ではよく笑顔が良いと褒められて、患者さんに私の笑顔を見ると元気になれると言っていただけました」と自己紹介することです。

そうすることで、「この人を採用すれば明るい雰囲気になりそう!」「患者さんが喜んでくれそう!」そのように、面接官に思ってもらえる可能性も高くなります。

いくら能力があっても、患者さんや同僚などに対して無愛想であれば、院内の雰囲気が悪くなったり、患者さんがもう来院してくれなくなるかもしれません。そのために、笑顔や愛想の良さというのも、視能訓練士として働くうえでとても大切なポイントとなります。

あなたらしさを出す

視能訓練士は女性が多い職業です。男性が多い職場と違って、女性の能力がちゃんと認められるのも視能訓練士の魅力でしょう。そのため、視能訓練士で転職先を探されている方や、視能訓練士としてこれから稼ぎたいという女性もたくさんいるはずです。

視能訓練士に転職するために、まずは面接を受ける必要があります。面接の際、あまり緊張せず、あなたらしい自己紹介でその場を盛り上げられるような雰囲気になれば、もう採用されたようなものです。

無理に教科書通りの回答をせず、あなたらしく振舞うことも大事でしょう。そして、笑顔でハキハキ明るく自己紹介することで、好印象に伝わります。

あなたを採用してもらうために、『こんな仕事ができます!患者さんとすぐに仲良くなれます!視力について誰よりも詳しいです!』など、何か1つでも得意なことを自己紹介の場で面接官に訴えかけてみてください。

会員登録する(無料)

-視能訓練士 面接準備

© 2021 眼科求人.work