視能訓練士 転職情報 視能訓練士 養成学校

視能訓練士の国家試験難易度は高い? 低い? 資格に関する気になる情報をお届け

2021年1月10日

woman-holding-binder

視能訓練士とは、医師の指示で目の検査や、視機能矯正を専門知識を用いて行うプロです。視能訓練士は国家試験に合格して、資格を取得しなければなりません。

視能訓練士を目指すと決めた方は、国家試験の難易度・合格率はどのくらいなのか気になると思います。この記事では、視能訓練士資格や国家試験の難易度や概要、合格率について解説します。

視能訓練士の資格について気になっている方は、この記事で確認してみてください。

会員登録する(無料)

そもそも視能訓練士とは

まずはじめに、そもそも視能訓練士とはどのような仕事であるかについてご説明します。

どんな仕事をするの?

視能訓練士とは、医療機関で医師の指示のもと、視力・遠視・近視・乱視・白内障などの検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する検査、斜視や弱視の訓練に携わります。身近なところでは、眼科で検査を受けるときに視力や眼圧を検査してくれるスタッフの中にいるのが視能訓練士です。

ただ検査をするだけでなく、医師が病気の早期発見・治療をするのに必要な情報を揃え、診察の補助をします。視力の低下は患者のQOL(クオリティ オブ ライフ)に深く関わります。

視能訓練士の仕事は、病気や怪我で視力が落ちた方のリハビリや、眼鏡やコンタクト等の補助具の選定など生活するうえで重要な部分を担っています。

どんな人が向いているの?

視能訓練士にはコミュニケーション能力が高い人が向いていると言えます。正しい診断をするには正確な検査結果が必要です。正確な検査結果のためには患者の協力が不可欠なため、患者に合わせたコミュニケーションを図らなければならないのです。

受診する患者の年齢は幅広く、性格も千差万別です。検査を拒否する頑固な患者には検査の必要性を納得できるよう説明したり、幼い子供には検査機器を怖がったり飽きないように話しかけるなど、工夫が必要になります。

病院という環境ですが、接客業のような一面も持っているので、コミュニケーション能力が高い人は視能訓練士に向いているでしょう。

視能訓練士になるにはどうすればいいか

では、視能訓練士の夢を実際に叶えるには、どのような方法でどのような道のりを歩んでいけばよいのでしょうか。次は視能訓練士になる方法を解説します。

国家試験合格が必要

視能訓練士は、他のいくつかの医療職と同じく国家資格が必要な職業です。そのため、国家試験に合格する必要があり、国家試験を受けるためには受験資格を得ないといけません。

視能訓練士の受験資格は視能訓練士養成所の卒業が条件です。養成所に通う方法もいくつかに分れます。では、どうやって受験資格を得られるか確認してみましょう。

受験資格と養成所

視能訓練士国家試験の受験資格を得るために、文部科学大臣が指定する学校(4年制の大学、短大)又は厚生労働大臣が指定する視能訓練士養成所を卒業する必要があります。

養成所に通い受験資格を得る方法もいくつか種類があり、3つに分類されます。

1. 高校卒業後、指定の養成所で3年以上修業 大学で4年又は専門学校で3年修業します。最短で国家試験を受けられるのは専門学校です
2. 大学や短大を卒業後、指定の養成所で1年以上修業 一般大学・短大・看護または保育の養成所で指定科目を履修し、視能訓練士養成所に入り直し1年以上修業します。3年かけて学ぶことを1年で詰め込むので、短期間ですが大変です
3. 外国の視能訓練士学校を卒業又は外国の視能訓練士の免許に相当する資格を所持し厚生労働大臣に認定された者 海外で勉強してきた方や、すでに働き出している方も、日本で資格を取ることができます

日本には視能訓練士養成所がおよそ30校あり、視能訓練学科のある大学もありますが、一般の大学などに比べ数は多くありません。

下記の記事では、視能訓練士の専門学校をまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

参考【2021年最新】視能訓練士の専門学校 全16校の学費や偏差値・特色まとめ

視能訓練士の専門学校に通いたいと思ったら、どんな学校があるのか・どれくらい学費がかかるのか・偏差値はどれくらいかといったことが気になりますよね。記事では全国に18校ある視能訓練士の専門学校の学費や偏差 ...

続きを見る

※ 参照元:加盟校一覧 - 全国視能訓練士学校協会

視能訓練士の国家資格の概要

exam

視能訓練士は年1回、2月に行われる国家試験に合格することで資格を取得できます。この資格は更新の必要がないので、1度合格すれば生涯にわたり視能訓練士を名乗ることができます。

視能訓練士という資格ができた頃は、斜視・弱視の訓練という専門的な業務をしていましたが、現在は眼科一般の幅広い分野で活躍しています。病院で視力検査に始まる眼科一般の検査や、手術前に行う術前検査・視野検査などのより詳しい検査も行います。

また、視能訓練士の大多数が病院に就職し治療に携わっていますが、勤務先は医療機関に限りません。メガネ販売店やコンタクトメーカー、研究機関などで、眼疾患治療に貢献している方もいます。

視能訓練士国家試験の合格率の状況とは

これから視能訓練士を志す人の誰もが気になるのが、国家試験の合格率でしょう。

難易度は高いのでしょうか、それともそれほど高くはないのでしょうか。

試験の難易度は高い? 低い?

視能訓練士国家試験の合格率は、直近の過去5回分(第46回〜50回)を振り返るといずれも90%を超えており、平均すると約96%になります。

実施年度(平成) 受験者数 合格者数 合格率
27年 886人 833人 94.0%
28年 832人 775人 93.1%
29年 910人 889人 97.7%
30年 834人 819人 98.2%
31年 863人 837人 96.1%

表にまとめて見てみると、そこまで難易度は高くないように見えます。しかし、試験自体の合格率はとても高いですが、合格者の口コミによると「養成所で受験許可が降りるまでが大変だった」という書き込みがありました。

一定の成績に達しないと受験すらできませんが、「毎日の授業をきちんと受け、真面目に勉強に取り組んでいれば問題ない」という口コミもあります。合格率から簡単に取れそうな資格に見えても、やはり努力は必要です。

試験に出題される科目

試験に出題される科目は以下の5つです。こちらは視能訓練士養成所で勉強していきます。

  • 基礎医学大要
  • 基礎視能矯正学
  • 視能検査学
  • 視能障害学
  • 視能訓練学

当日のスケジュールと出題方法

試験当日は、午前午後の各2時間に分かれて行われます。

  • 午前 10:00〜12:00(75問)
  • 午後 13:30〜15:30(75問)

試験はマークシート形式です。第50回の試験問題から、いくつか紹介してみましょう。

例1)複視を生じないのはどれか。

  1. 甲状腺眼症
  2. 乳児内斜視
  3. 外転神経麻痺
  4. 眼窩吹き抜け骨折
  5. 慢性進行性外眼筋麻痺

例2)退行性病変でないのはどれか。

  1. 萎縮
  2. 壊死
  3. 腫瘍
  4. ジストロフィ
  5. 変性

このような問題が出題されます。配点は、一般問題を1問1点(129点満点)、臨床問題を1問2点(40点満点)の合計169点です。合格ラインは『102点/169点』全体の60%の正答となります。

今年度の視能訓練士国家試験日程

第51回視能訓練士国家試験試験日程の詳細は以下のとおりです。

試験日 令和3年2月18日(木)
試験科目 1. 基礎医学大要
2. 基礎視能矯正学
3. 視能検査学
4. 視能障害学
5. 視能訓練学
試験地 東京都及び大阪
受験料 15,800円
申込期間 令和2年12月14日(月)〜 令和3年1月4日(月)
合格発表 令和3年3月23日(火)厚生労働省ホームページにて掲載

※ 願書は視能訓練士国家試験運営臨時事務所に持参することもできますが、今回はコロナウィルス感染拡大防止の観点から、手続きに関しては郵送を推奨しています。

合格率は平均90%以上。日々の積み重ねで十分合格は狙える!

記事では、視能訓練士の難易度について説明してきました。資格取得は本人の努力次第で十分可能なはずです。

養成所によっては校内で受験許可が必要なところもありますが、真面目に勉強していけば合格できるでしょう。視能訓練士を目指している方は、まず養成所に入り受験資格を得て、視能訓練士国家試験に挑んで下さい。

会員登録する(無料)

-視能訓練士 転職情報, 視能訓練士 養成学校

© 2021 眼科求人.work