採用手法

【2021年最新】眼科向け転職エージェントのおすすめ比較。3サービスを一挙にご紹介

眼科施設の人材採用をドライブ(加速)させる方法に転職エージェントを活用するという手段があります。転職エージェントは日頃から人材とやりとりをしているため、スピーディーに希望の人材とマッチングすることができるのです。

では、「眼科専門」というとどんな転職エージェントが存在するのでしょうか。記事では、おすすめの眼科専門の転職エージェント3つをご紹介します。

1. 日本視能訓練士協会

shinoukunnrennshi

まずはじめにご紹介させていただくのは、公益社団法人 日本視能訓練士協会です。「公益社団法人は転職エージェントではないのでは?」と思われたかもしれませんが、おっしゃる通り転職エージェントではありません。

ですが、あまり知られていないかもしれませんが、日本視能訓練士協会ではHPに求人を掲載することが可能ですので、ここでははじめにご紹介させていただきます。

おすすめのポイント

日本視能訓練士協会のポイントは、視能訓練士の方が多く所属する協会であるため、掲載する求人が求職者の信頼を得やすいというところです。また、HPには継続して視能訓練士がアクセスするので露出効果も高いと予想されます。

料金の相場

求人掲載費用は無料です。掲載から6ヶ月が経つと非掲載となります。非掲載後も再掲載を希望される場合は、改めて応募しなおす必要があります。

掲載内容

募集形態、採用人数、名称、勤務地住所、連絡先(TEL・E-mail)、担当者、HPアドレスです。

利用者の口コミ

直接、視能訓練士の採用に関する口コミはネット上に見当たりませんでした。SNSのTwitterで見てみると、求職者の声として「視能訓練士協会でいい学びを得た」「視能訓練士協会で表彰された」など、視能訓練士とのよい関係が伺える声がありました。

2. 眼科求人.work

ganka-kyuuzinn

『眼科求人.work』は国内で唯一、視能訓練士だけに特化した転職エージェントです。眼科業界歴30年という知見の深さから、多くの視能訓練士と眼科施設をマッチングさせています。運営しているのは、株式会社MANOCAです。

おすすめのポイント

他サービスと異なるのは、視能訓練士に特化した転職エージェントであるため専門性の高い提案・サポートができるという点です。求職者である視能訓練士側の丁寧なサポートに加え、眼科施設への誠実な対応もポイントです。

料金の相場

求人掲載は無料です。求職者の入社が決まった段階で理論年収※1 の20%が紹介手数料となります。パート・アルバイトの場合は、「週2日以下 20万円」「週3〜4日 30万円」「週5日以上 40万円」※2 となります。

※1:理論年収とは「月次給与の12ヶ月分+想定される通年賞与+諸手当」の合計額

※2:いずれも税抜きです

利用者の口コミ

HPの口コミによると、求職者(視能訓練士)の「すごく親身になって相談に乗ってくれた」「メールの返信も早く、面接にも同行していただき心強かった」という転職エージェントの親身さが伺えるコメントが見られます。

3. マイナビコメディカル

mynavi-comedical

『マイナビコメディカル』は株式会社マイナビが運営するコメディカル専門の転職・就職支援サービスです。コメディカルには理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、視能訓練士などが含まれます。

おすすめのポイント

各職種に特化した専任のキャリアアドバイザーが転職支援を行うこと、全国の都道府県を対象としているエリアの広さが特徴的です。厚生労働省大臣認可の転職支援サービスでもあります。

料金の相場

HPには「費用は完全成功報酬制」と記載がありますが、具体的な手数料率は記載がありません。問い合わせ窓口より問い合わせ後、詳しい費用感についての話が聞けるようです。

利用者の口コミ

履歴書の添削サービスなど一人ひとりのキャリアアドバイザーの丁寧な対応が好評のようです。また、各職種の市場観の情報共有も非常にタメになったという声があります。

眼科施設が転職エージェントを利用するメリット

employee-girl

ここまで眼科施設向けの転職エージェントを3つご紹介してきました。紹介したサービスが3つのみ、という点からご想像いただける通り、眼科に特化した転職エージェントはさほど多くない印象です。(弊社調べ)

転職エージェントと混同されがちなサービスに「求人サイト」があります。改めて転職エージェントと求人サイトの違いを整理すると以下のようになります。

  • ・転職エージェント:希望人材を直接紹介してくれて、面接や条件面の交渉等も双方の間に入って行うもの
  • ・求人サイト:求人掲載をする媒体を運営しており、応募者とのやりとりや面接等の調整は基本的に対応しない

この違いを踏まえたうえで、転職エージェントのメリットをご紹介します。

希望する人材を絞って紹介してくれる

転職エージェントは、人材紹介のプロフェッショナルであるエージェントスタッフが眼科施設との間に入り、希望の人材をリストから選定し紹介してくれます。つまり、”人材のミスマッチが少ない”という点で、転職エージェントのほうが効率的によい人材と出会うことができるのです。

また、「採用には困っているものの具体的な人材の要件が定まっていない」という場合でも、専門のエージェントスタッフがヒアリングを行い、眼科施設が求めている人材の要件を整理してくれるのも忙しい採用担当者にとって嬉しいポイントです。

費用発生は採用が決定した場合のみ

転職エージェントを利用した際の費用は、完全成功報酬型が一般的です。つまり、採用が決定しない限り、利用する眼科施設側に費用は発生しないということです。

逆に求人サイトでは、「求人掲載ごとの費用発生」「求人がクリックされるごとの費用発生(クリック型課金)」などが一般的なため、採用に至るか約束されていないなかでも費用を支払わなければならないのです。

あくまで採用が決定した場合のみ費用が発生する転職エージェントのほうが、採用コストの無駄なく、新規採用を行うことができるのです。

求職者との面倒な交渉ごとをまとめてくれる

人材採用を行う際には、勤務形態や給与・ボーナス等に関するさまざまな質問が求職者から寄せられる場合があります。ときには、双方の意見がぶつかり、欲しい人材なのに交渉がまとまらず破談となるケースもあるでしょう。

眼科施設の場合、専任の採用担当者が決められておらず、別業務も兼任で採用活動を行なっていることもよくあります。そのため、求職者との間に発生する交渉を非常に面倒だと感じられている採用担当者も多いのではないでしょうか。

そんな悩みに対して、転職エージェントでは双方の間にエージェントスタッフが入り、スムーズに交渉をまとめてくれます。経験豊富なスタッフによって、良い落とし所をつくり、滑らかに採用活動を進めてくれるのです。

手間をかけず、今すぐ人材獲得したいなら転職エージェント

転職エージェントを利用すべきか、求人サイトを利用すべきかは眼科施設の採用課題によりますが、”手間をかけずすぐに人材獲得をしたいのであれば”転職エージェントの利用がおすすめです。

弊社、『眼科求人.work』では一都三県に在住の視能訓練士の転職支援を強みとしています。一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の眼科施設の方で、視能訓練士の人手不足に悩んでいるのであれば、ぜひ以下よりお気軽にご連絡ください!

-採用手法

Copyright©眼科求人.work All Rights Reserved.